すき焼きの割り下

すき焼きを割り下で作るのは、関東風です。関西風のすき焼きは、ほとんどが直接お肉を鍋で焼いて砂糖と醤油・酒をからめて作ります。関東風のすき焼きは水分が多く、どちらかというと牛鍋という風情の鍋ものとなります。この関東風すき焼きに欠かせないのが、おしょうゆベースの割り下です。

割り下とはだし汁に砂糖やしょうゆ・酒・みりんなどを加えた濃い味のつゆのことです。甘みの強い麺つゆのようなものですね。自宅でも簡単に作れます。私の実家では、すき焼きを作るたびに母が手作りしていました。季節や入れる具材によって、味を調整すると良いでしょう。卵をつけて食べるなら、より濃い目の味がおすすめです。なにもつけずにそのまま食べる場合は若干薄口の方が美味しいかもしれませんね。

市販の割り下もあります。もっともポピュラーなのはエバラ食品のすき焼きのたれでしょう。通常タイプと、より甘めのマイルドタイプがあります。内容量も300ミリリットル入りと500ミリリットル入りがあります。またすき焼き以外にも牛丼や肉じゃが・照り焼きのタレとして、幅広く活用できます。超高級牛肉料理店として名高い今半でも、すき焼きのたれを販売しています。お家で極上の味わいを再現できる、ちょっとリッチな便利アイテムです。

関西風の割り下を使わないすき焼きを作る場合も、あらかじめ焦げやすい砂糖と醤油を足して割り下風にしておくと失敗が少なくて済みます。いつも砂糖を焦がしてしまうという方にはおすすめの方法です。すき焼きの割り下って、意外と奥が深いですね。

すき焼きMEMO

松阪牛専用 すき焼きのたれ 割り下 最高の味を楽しむコツは、お肉に火を通しすぎない こと。 「ちょっと赤いくらいが最高にオイシイ状態です」 スライス肉は厚みも薄いですので さっと火を通すだけでもタレとお肉のコラボレーションは十分にご堪能いただけます。
松阪牛専用 すき焼きのたれ 割り下-特選松阪牛やまと
『和食の原点 基本だし』や『高級明太子「誉」』でおなじみの湯木のお取り寄せ。大阪・北 新地に店を構える日本料亭「日本料理 湯木」の洗練された味を、全国へお届けいたし ます。湯木のこだわりぬいた美味の贅をご家庭でも、是非お楽しみください。
すき焼き割り下 - 日本料理 湯木のお取り寄せ
広島で車を高く売りたい方はこちらのサイト要チェック!査定、買取、高値買取の裏ワザが分かります!
車買取 広島
群馬の中古車買取査定の情報をお探しですか?こちらHPは群馬県の車買取査定のコンテンツがバッチリ整理してあって分かりやすいです。
中古車買取 群馬